避妊薬には2種類あり購入する際は医師の処方箋が必要

header07

避妊薬には2種類あり、周期に合わせ服用し計画的に避妊をする経口避妊薬と、避妊をしないで性交渉を行った場合やコンドームが避ける等、避妊を失敗した場合に使用する、緊急避妊薬・通称アフターピルがあります。

アフターピルは100%妊娠を防止するわけではありませんが、高い確率で避妊することができます。

72時間以内に服用することで排卵を抑えたり、受精卵が子宮に着床することを阻害することで妊娠を防ぐことができると考えられています。

いずれも薬局等で市販薬として購入することは出来ません。

購入する場合は、医師の処方箋が必要となり、産婦人科等、病院にかかり診断してもらわなければなりません。

しかし、個人輸入や代行輸入で海外から直接購入することは可能です。購入方法や手元に届くまでの日数などは、直接業者に問い合わせてみる方が良いでしょう。気を付ける点として、男性名義による発注は受け付けてもらえないものが多いようです。

また、個人輸入や代行輸入なので、不特定多数が受け取れるような勤務先や場所等への配送は受け付けてもらいない場合があり、届け先は自宅に限られる場合もあります。

薬として服用するため、個人差はありますがつわりに似た吐き気や生理痛の様な腹痛等の副作用も出てきます。

そのため副作用への不安、服用に関してのリスク等を理解する必要があります。

服用することへの不安があるならば、病院で医師と相談して処方してもらう方が良いかもしれません。